The latest LP, From the Bestiary to the Leathering Room (on Germany’s Rookie Records), is the heart of the Noirchestra’s intense performance and its thick white vinyl is covered with the intoxicating art of Santiago Caruso. The band’s “unorthodox, intriguing style” might well “summon demons from under the coffee table” as Ty-Ty the Saviour and Requiemily fill the soundscape. Experience Big John’s “twin peaks guitars” and Brandy Bones’ vocals invoking “an infernal fusion of Patti Smith & Siouxsie Sioux” live on tour in 2017.

Big John Bates: Noirchestra is an intense  symphony of western guitars, post-punk violins, orchestral upright bass and dramatic lead vocals that is coming to JAPAN IN MARCH 2017 !!

more about BJB on wiki …

big_john_bates_crppd_fltr
ジャック・ホワイト・ブルースとギリシャ神話のカリオペの様な弦さばきと、打ち出す続けるドラムプレイとバンシー ワイルの幽霊とが合わさったバンド。” – Americana UK

彼らの新しいレコード・アルバム、”From the Bestiary to the Leathering Room ” ドイツからの Rookie Records は、サンティアゴ・カルーソ の白い分厚いレコード盤の上に、息も出来ないアート作品と心のこもった演奏表現で成り立っている。トゲトゲしい歌詞の縫い合わせ的、夜の12時を超えても生き延びてる、希望の信仰、白い幽霊が、今までに無かったスタイルで、ましては、コーヒーテーブルの下から先導する亡霊達のため池のあるまり場所的、音の波形の連続、ビッグ・ジョーンズのレザー・ジャケット・バリトン・ギター音が、ブランディー・ボーンズのパティー・スミスとスージー・スーの核結合の世界にあなたも参加してる、空間の世界にを体感出来る。

このアルバムはバンクーバーの港の停泊してる、彼らの船の中、船の名前はカルーチの中で、デービッド・カースウェル ( New Pornographers, Teagan & Sara) の、レコーディングとミックスで作り上げた。ビッグ・ジョーンズの違うバンド、Noirchestra の最初のLP 盤 Battered Bones, EP 盤 は、ソニック・フィンガープリント・ビッグ・バッド・ボブ・フェブラチ、16 Horsepower, Slim Cassna 達のデンバー・サウンドと作り上げた彼の録音で、この船の中で制作した。

ビッグ・ジョーン・ベイツ、バンドは新作のアルバムの世界とツアーの最後の足を引きずるかの様な生き残りの、2016年11月、12月、ヨーロッパツアーを進行中である。彼らのヘッドライナー・ショーやフェスティバルなど数々のライブをこなして行ってる。2010年に、映画のサントラにも使われた、西部劇ポスト・ロック、シングル・カット・曲、”Amerkin ” から始まった。12インチ EP 1枚、7インチ・シングル盤 2枚、ドイツのRookie Records と カナダのFrontman Record は、Ultra Bide’ で、おなじみの、オルナタティブ・テンタクルス・レコードがアメリカに配信してます。Shambhala, Canadian Music Week, トロント市。Halifax Pop Explosion, ハリファックス市、など数々の大きなフェスティバルに出演。ビッグ・ジョーン・ベイツは、Murder by Death Legendary Shack Shakers, Slim Cassna’s Auto Club, Real Mackenzies などなど共、共演した。